「くさや」とは

「くさや」の歴史

くさやは室町時代に造られました。そして島民の厳しい生活の糧として脈々と継承されてきました。

「くさや」という名称は江戸時代日本橋の魚河岸で命名されました。

 

当時、塩は幕府の上納塩で、貴重品でした。そのため、魚を塩漬けにする際、使い残しの塩水を何度も使いました。その塩水には魚から出た旨味が加わり熟成され、独特の風味を醸し出し、優れた保存性がありました

これに改良を加えつつ、今日のくさや液が完成しました。

の液は門外不出で、それぞれの商店(くさや製造元)が代々伝わる伝統の味を守っています。

乾燥.jpg



「くさや」と健康


「くさや」は通常の干物ほど塩分濃度が高くありません。干物の場合は18~20%ですが、くさやは6~8%です。

くさや液の中で活きている「くさや菌」は抗菌性細菌といわれる乳酸菌の一種です。多くの乳酸菌は酸性の培地に生育しますが、「くさや菌」はアルカリ性の培地で比較的よく生育し、その発育には塩分が欠かせません。

この「くさや菌」のおかげで、「くさや」は添加物なしで長期間保存することができるのです。

「くさや」は塩分が低く、アルカリ性食品なので、健康食品ともいわれています。

 

DSCF1256.jpg