くさやとは

室町時代に其の形が造られ、各時代永い歳月を島民の厳しい生活の糧として絶える事無く大切に保存され伝承されたくさや。江戸時代日本橋の魚河岸でくさやと命名される。其の昔、豊かな海に囲まれた島に住みながら、塩は幕府の上納塩の為、貴重品であり魚の塩漬けに、使い残しの塩水を何回も使ううちに、魚の味が加わり、時と共に熟成され、独特の風味を醸し出し、保存性に優れ、これに改良を加えつつ、今日のくさやの液が完成しました。この液の造り方は極秘とされ、代々その家に伝えられています。


くさやとは”


くさやと通常の干物を比べますと、塩分濃度は違います。干物の場合:18~20%であるのに比べ、くさやの塩度は6~8%、また、くさや汁の中に活きているくさや菌は抗菌性細菌といわれる乳酸菌の一種で、通常の乳酸菌がすべて酸性の培地に生育するのに対し、くさや菌はアルカリ性の培地で比較的よく生育するうえ、塩分が無いと発育しない特質を持ちます。そのようなことから「くさや」は塩分が低いうえアルカリ性である為、健康食品と言われております。